Tel:03-6228-0566全日本学校法人日本語教育協議会

 

おしらせ

 7月6日(金)17:00から国立代々木オリンピックセンターに於いて、第二回目となる全学日協のセミナーが開催された。

「『学習意欲のない学生にどのように対応すべきか』~あなたのスイッチはどこに~」をテーマとして、日本語教師が日々向き合っている指導が難しい学生に対し、事例をとおして各教員の意見を交換、対応方法を探った。
第一部では、76名の参加者を10のグループに分けペルソナと呼ばれる実例に基づいた架空の人物を設定、各グループでペルソナに対する指導方法を話しあい、発表を行った。ペルソナは架空の人物とはいえ、実例に基づいており、どの参加者もリアルに感じていた。それぞれの指導方法を話し合うことで自分にはない視点を発見し、議論は白熱したが、時間内にグループの意見をまとめなければならず、苦労をしていた。
第二部では、日本語教育現場で豊富な経験をもち、今なお最前線で活躍されている、山本裕子先生(メロス言語学院)、本間恭子先生(長沼スクール東京
本語学校)、森恭子先生(新宿日本語学校)、肥田野美和先生(東京国際大学付属日本語学校)により、各グループより発表された指導方法にコメントをいただいた。
セミナー終了後は、国立代々木オリンピックセンター内にあるカフェフレンズで懇親会を行った。

 


トピックス

 

 

製品名

協力企業様を募集中

当協議会に協力いただける企業様を募集しています。

↑ PAGE TOP