Tel:03-6228-0566全日本学校法人日本語教育協議会

 

イベント

 

イベントカレンダー
 

全学日協 オンライン授業 集中研修

参加者募集!

 

こんなオンライン授業でいいのか? もっとうまい方法は? みんなはどうやってる? しばらく来日できないと来年もオンライン授業なのか?

日本語学校の日本語教師ためのオンライン授業集中研修。さぁレベルアップ!

対象者          専任の日本語教師(学校の許可があれば非常勤講師でもかまいません)

                      新人、中堅、ベテランを問いません

                      全学日協または全専日協会員校

日時              令和2年9月5日(土) 午前のみ・午後のみ・1日通し、いずれも可

           希望者は、令和2年12月12日(土)に数時間の振り返り研修を行います

参加方法       オンライン (ZoomとGoogle Classroomを利用する予定)

内容              9月5日(土) 午前9時半から12時

                第1セッション    「マイトライアル」のシェア会

                                    ~オンライン授業の失敗談・成功談~

          第2セッション    オンライン授業のコースデザインと評価

                          ~オンラインのよさを活かすには?評価の方法は?~

                   ※セッションは同時開催のため、ひとつしか選べません

                      9月5日(土) 午後1時から3時半

                第3セッション     ハイブリッド授業の工夫

                                    ~ハイブリッド授業は可能か?その方法は?~

            第4セッション     オンライン時代の日本語教師と日本語学校

                                    ~原点に戻って考え直す生き残る道~

                        ※セッションは同時開催のため、ひとつしか選べません

                      12月12日(土) 午前 (希望者のみ)

                    9月5日の研修で出た課題の結果の持ち寄り、振り返り

特典              本研修の参加者は、来年度実施予定の「中堅研修」の一部課目が免除されます

参加費          半日 2000円、1日 3000円、全部セット 4000円

                      委員を出した学校 4名まで無料

                      全学日協会員校  2名まで無料

申込方法       フォーム(https://bit.ly/OnlineKenshu)から申し込み、事前振込

                      申込み締切 8月25日  参加費振り込み締切 8月31日

2020415

4月の定例会が行われました。

今回の定例会では、各校の4月生受け入れに関する情報交換を行いました。

また、4月生が7月に入学を延期した場合、翌年の3月で卒業しなければならないということに関して、7月までの在留を認めて欲しいということを入国管理局に話すべきではないかという話なども出ました。

その他、事態が緊急であることや、状況が全く読めない中で、どう留学生を将来的に受け入れることができるか、などについての話し合いが持たれました。

2019824日(土)

2019年1026

(土)

文化庁委託 2019年度 全学日協 日本語教師中堅研修

昨年に続き、日本語学校にとって運営の要となる「中堅教師」の研修を行います!

日本語能力を上げる、教師のレベルをアップする、学校組織を強くする

そんな教員集団をつくりたい方、一緒に切磋琢磨しませんか!

説明: 「長沼スクール 理事長」の画像検索結果

 

 

 

 

全学日協 専務理事   全学日協 前代表理事

メロス言語学院理事長  長沼スクール理事長   

香川 順子       長沼 一彦

研修カリキュラム

・オリエンテーション  在留外国人施策、日本語教育施策等がわかるようになる。

・授業の指導法                    新人教師の授業を指導するポイントがわかるようになる

・カリキュラムデザイン      新人教師の作成したカリキュラムの改善指導ができるようになる

・特別な教授法                    JLPT等試験対策授業のやり方やICTを活用した授業の仕方がわかるようになる

・進路指導                           進路指導の流れ、指導の要点がわかるようになる

・評価法                              試験問題を分析・評価を通じ、問題の改善方法がわかるようになる

・学習者マネジメント         出席指導・生活指導等を通じ、学習者のやる気を引き出す様々な方法を知る

・マネジメント                    教師間、対事務・対外部等のマネジメントとセルフマネジメントができるようになる

・生活者への指導    生活者に対する日本語指導の概要がわかるようになる。

研修委員・協力委員

平岡憲人(清風情報工科学院)、森恭子(新宿日本語学校)、吉田真紀(長沼スクール)、福田佳与(メロス言語学院)、肥田野美和(東京国際大学付属日本語学校)、近藤智恵美(富士山日本語学校)、野田敏郎(国際ことば学院日本語学校)、影嶋知香子(横浜デザイン学院)、平岡佳梨加(ATOWA)、福山寿子(湖東学園)、渕上美恵子(岩谷学園)、静野智香子(中央情報大学校)

研修日程

 集合研修 2019824日(土)、1026日(土) 945分~17時 東京・山野美容専門学校

 その他にオンライン等による事前学習、事後レポートあり。

参加条件

  ・日本語教師として2,400時間以上の経験(国内日本語教育機関に限定せず)があること

  ・初級、中級、上級の内容について理解していること

  ・専任であること

研修費用  20,000

   (なお、すでに本研修を修了した者が希望する科目のみ再度受講する場合、10,000円)

定員  30名(応募者多数の場合、事務局にて選考)

申込方法 添付申込用紙を全学日協事務局(安津畑)あてFAX(03-3207-8615)頂くか、全学日協ホームページ内の下記申込フォームからお願いします。 

      参加お申込はこちらです  (今回は会員校に限らせていただきます。)

締切  2019年7月20日

詳しい情報(PDF)

(2019 年度日本語教育学会春季大会 口頭発表 日本語学校の質向上とキャリア形成のための中堅日本語教師研修の開発・実践)

 

第1部 

10月27日(土)

第2部 

12月15日(土)

 

日本語中堅教員研修(2018年度 終了)

一般社団法人全日本学校法人日本語教育協議会会員校 校長各位

 この度、(一社)全日本学校法人日本語教育協議会(以下、全学日協)は「文化庁日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業」のうち、

「現場に根ざした日本語教師【中堅】に対する研修プログラム開発事業」の委託を受け、

20187月に「教材開発委員会」を発足させてカリキュラムを開発してまいりましたが、10月より研修を実施する運びとなりました。

 校長・主任を支えて日本語学校を実質的に運営し、初任教員を指導する立場の中堅教員育成のための研修です。

 会員各校において参加者の呼びかけをお願い申し上げます。

 詳細および申し込み方法は、下記のとおりです。

一般社団法人全日本学校法人日本語教育協議会

代表理事 長沼一彦 

日本語中堅教員研修

(今回開催される研修の参加資格に関して:今回の研修は、第一回目でもあり、実施のテストの意味もあります。今回の参加資格を全学日協及び、全専日協の会員校に勤務する教員に限らせていただきます。第一回目の開催後のアンケート結果等を精査してから、会員校以外の方へのご案内をさせていただきたいと思います。よろしくご理解くださいませ。)

目的   日本語教育プログラムの策定や初任教員の育成、学習者のマネジメントや教師
のマネジメントなど中堅教員として広い視野と能力を身につけること

日 程  ①集合研修

第1部  平成30年10月27日(土)午前10時から午後5

     第2部  平成30年12月15日(土)午前10時から午後5

場 所  「山野美容専門学校」(第1部、第2部とも)

       東京都渋谷区代々木1-53-1 (JR代々木駅徒歩1分)

       http://www.yamano-bc.jp/access.html

     ②ネット研修  平成30年11月以降 (詳細後日)                

内 容   ①集合研修

第1部  授業の指導法(3)、マネジメント(3

      第2部  カリキュラムデザイン(3)、学習者のマネジメント(3

     ②ネット研修  特別な教授法(3)、進路指導(2)、試験法(1

その他  外部研修(2

     ※括弧内は単位数  計20単位

      講師:全学日協会員校の副校長、教務主任等経験豊富な講師陣。

参加条件 ・日本語教師として2,400時間以上の経験(国内日本語教育機関に限定せず)があること

     ・初級、中級、上級について十分授業できること

     ・専任であること

     上記3条件を満たし、かつ原則として、上記全日程に参加できる方。

参加費用 10,000(第1部、第2部、ネット含む)  交通費は自己負担

定  員 30名(応募者多数の場合、事務局にて選考)

申し込み締切   平成30年10月5日(金)

参加お申込はこちら  (今回は会員校に限らせていただきます。)

7月6日(金)  テーマ: ~あなたのスイッチはどこに?~ 学習意欲のない学生にどのように対応すべきか
 日時:2018年7月6日(金) 17:00~19:00
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟402号室

対象:全日本学校法人日本語教育協議会会員校ならびに全国専門学

校日本語教育協会会員校の教職員

「おしらせ」に報告掲載

6月12日(火)

全日本学校法人日本語教育協議会 第一回通常総会 16 時~ 18 時NEW
会場:学校法人長沼スクール 場所:学校法人長沼スクール 東京日本語学校 2号館 会議室

式次第(案)PDF

   

トピックス

 

 

製品名

協力企業様を募集中

当協議会に協力いただける企業様を募集しています。

↑ PAGE TOP